早めに気付く|糖尿病の症状を緩和させる|医療機関を利用しよう
このエントリーをはてなブックマークに追加

早めに気付く

診断

脳腫瘍に早く気付くためには、脳ドックを定期的に受けることが大切ですが忙しいとなかなか受けることが出来ないと考えられます。そのため、セルフチェックを常に行なっておくことも大切といえるでしょう。脳腫瘍な主な症状には急な嘔吐や頭痛などが挙げられます。頭痛はほとんどの人に見られるものですが、起きた時に激しい頭痛があれば脳腫瘍が疑わしいといえるでしょう。その他にも、ひきつけが挙げられます。小さい子どもの場合、泣きすぎたりするとひきつけを起こしたりすることもありますが大人の場合はひきつけを起こすことはほとんどないといえます。他の病気が隠されていることもありますが、ひきつけがあれば脳腫瘍の可能性も考えられるのでMRIやCTスキャンなどの画像診断装置で検査してもらうと良いでしょう。

脳腫瘍は、その他にも視覚や聴覚にも影響を及ぼすこともあります。見える範囲が狭くなってきたり、また難聴になってしまった場合も脳腫瘍が原因になっている可能性があるでしょう。症状が進行してしまうと治療も難しくなってしまうので、早期発見早期治療が鍵となります。脳腫瘍は基本的に外科手術となっており、腫瘍を取り除く手術が行なわれます。しかし、腫瘍が出来ている場所によっては神経を傷つけてしまう恐れがあるため手術を行なわずに経過を見ていく他、放射線治療が行なわれることがあります。安心して治療を受けるために、医療機関選びは重要となります。後遺症を残さないためにもインターネットで脳腫瘍の治療を得意としている医療機関を見つけ、治療してもらうと良いでしょう。